20代の青ひげ対策、どうしたらいい?

20代の青ひげ対策、どうしたらいい?

20代で青ひげで悩んでいる男性の方ってけっこう多いんですよね。男性ならひげは生えていて当然なのですが、青ひげは周りからの目も気になっ
てしまいますよね。どのような対策をとったらいいのでしょうか。

 

対策としては、@日焼けをして目立たなくする。Aあえて伸ばす。B脱毛クリーム、抑毛剤を塗る。C男性用ファンデーションを塗り見えにくくす
る。D毛抜きで抜く。などあります。

 

青ひげは色白の方に多く見られますが、日焼けとなると、色白の人には赤くなってしまうなどのリスクを伴うかもしれませんね。手っ取り早くてい
いのですが…タダですし。伸ばすのも勇気がいりますし、ファンデはうまく塗らないと、塗った感満載では別な意味で目立ってしまいます。

 

抜くのはどれ程の我慢が必要でしょうか。脱毛クリームや抑毛剤はかなりの種類が出ている様ですね。効果もさまざまあるようですが、ひげそりは
毎日するものなので習慣化できるという点では、楽チンで続けやすいですね。

 

 

青ひげの原因ってなにがあるの?

 

 

そもそも青ひげの原因は何なのでしょうか?急に気になり始めた方や、物心ついたときからずっと気になっている方も原因がはっきりすると対策が
とりやすいかもしれません。

 

青ひげの原因として考えられるのは、ひげの密度にあります。ひげが濃い人は1本1本が太く、それが広範囲にわたって生えていることが多いです。
がんばって毎朝きれいに剃っていても、皮膚の下には埋もれているひげがあります。

 

それが透けて見えるので、青く見えてしまうんです。色白の方は特に目立ちやすのでより気になってしまいますよね。黒人種より白人種の方に青ひ
げの目立つ方が多いのも納得できます。遺伝的な要因もあるようですが、肌質が大きく関係しています。

 

ひげが濃くなるのには男性ホルモンが関係しているとも言われています。男性ホルモンは、肉中心の食生活、睡眠不足、ストレスなどによっても分
泌しやすくなるので、生活面から改善出来ることから心がけてみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

【青ひげの対策】どんなクリームがいいの?

 

 

青ひげ対策としては、抑毛クリームや除毛クリームを使用もあります。調べてみましたがかなりの種類が販売されています。基本的な事ですが、こ
ういう類のクリームなどを使用しても青ヒゲを毛根から絶やすということは出来ないので覚えておいてくださいね。

 

抑毛クリームはひげそり時に使用できるシェイブジェルタイプのものと、ひげそり後に使用するタイプのものがあります。シェイブジェルタイプの
ものは今まで使用していたジェルを変えるだけでいいので、対策としては手っ取り早いですね。保湿効果に優れたものもあります。

 

ひげそり後に使用するタイプのものは、ローションタイプのものも多いです。ひげそりによる肌荒れ改善効果も期待できるので、抑毛とスキンケア
が同時に出来ます。

 

ひげそりは毎日のことなので、出来れば簡単なお手入れの方がいいですよね。抑毛クリームなどには即効性は期待出来ません。継続することが大切
です。続けることを考えたら、シェイブジェルのようなタイプの抑毛剤が楽チンでいいですね。

 

>>>ゼロファクターの評判をチェックしてみる

関連ページ

青ひげの松本潤はモテナイ?
青ひげやひげが苦手って女子は多いですよね。もてたい男子もひげが気になりますし、自分の青ひげって嫌われてない?って気になるのです。

 
トップ 商品 青ひげ ひげ脱毛